21幸せ節約ネット生活/節約・副業・お小遣い稼ぎ

21世紀幸せ節約ネット生活 > 幸せリサイクル生活【-質屋突入編-】
泣け、叫べ、笑え!そして貯めろ! - 全米が泣いた。 -

HOME 初めての方へ 自己紹介 日記 メール ヒストリー サイトマップ

 - 貯める!幸せ節約生活 -
我輩は貧乏である
貯まる!幸せの貯金箱選び
NEOつもり貯金
お金の守護神「封筒」
幸せ節約生活【-電気代編-】
幸せ節約生活【-食費編-】
幸せ節約生活【-電話料金編-】
オレ様VSタバコの誘惑
挑戦!幸せ断食生活
挑戦!幸せ短時間睡眠生活
全ての願いを叶える方法
奇跡の救世主「100円ショップ」
映画館残酷物語
挑戦!幸せスキルアップ生活
さらばメガネ!コンタクトよ永遠に。
ヘアカット残酷物語
保険の見直し節約術
自動車保険の見直し節約術
クレジットカード大活用計画!!
貧乏少年、空を飛ぶ
懸賞王になる方法
・幸せリサイクル生活【-質屋編-】
節約は人生を変える!
優しさに目覚めた貧乏人
髪を守れ!幸せヘアケア生活

幸せリサイクル生活【-質屋突入編-】

そもそもリサイクルとは一体どういう意味なのか。
不可能の文字が存在する我輩の辞書をひもとくと、この様に書いてあります。

リサイクル[recycle]
1度使用されて廃物となった新聞紙・金属製品などを捨てずに回収し、
再び資源として利用すること。

ふん。なんだそりゃ。リサイクルってのは、ピンチの時にいらない物を売って小銭を稼ぐ、 生き残りを賭けた戦いじゃないんですかい!と思ったら(100%間違い) 「不要品を他の者が譲り受けて利用すること」とも書いてありました。あっ、そんな感じ。

私が最も過激な貧乏人だった頃、ピンチの時は部屋のいらない物を売りさばく毎日でした。 不要な物は何としてでも売る!をモットーに、 どう考えても売れない物を売ってました。ショップではなく、友人に。無理矢理。ごめん。。でも金は断じて返さん。

昔は詐欺のような手口で物を売っていた私ですが、今は便利な世の中になりました。 なんたってオークションがあるのですから。 これでボロ儲けしている人も多くいます。なぜか私の周りではオークションをやっているのは女性ばっかりです。
(オークションするならイーバンク銀行は必須!とても役立ちます)

私も不要品を売るだけでなく、オークションで儲けたいと思って色々調べました。
するとネットオークションで稼ぐノウハウなんてものが売られていました。 オークションで1000万円!?う、ウソだろー!私はそんな甘い話にゃ騙されないよ。

・・・数分後、私は当然のごとく購入しました。インターネットでこういった情報を購入したのは初めてだったんで、騙されやしないかと ドキドキしてたんですが、普通に買うことができました。かなり勉強になったのですが、なぜか興味がわきません。
知識は増えましたが、経験と楽しさを知らないのでやる気がでないのです。無念。

やはりリサイクルと言えばリサイクルショップですが、本当に何でも買い取ってくれますね。 例えば「おいくら」 は全国のリサイクルショップと質屋を探せます。

全国のお店の検索や商品を登録すれば、リサイクルショップや質屋の買取価格・条件を比較できます。 使わないブランド品・ジュエリー・家具・家電・パソコンなど 買取のジャンルがとても豊富です。引越しなどですぐに売りたい時なんかに役立ちます。

質屋は数年前に初めて利用しましたが、店によってかなり買取価格は変わります。
ある店では3万円でもこっちは5万円、ということもあったので、多くの店を比較するのがいいと思います。 私は質屋に何度もピンチを救ってもらいました。

でもね、いつどこでも事件が起きるのが私の人生。これは宿命です。 ある時、どうしてもお金が必要になったので時計を質屋に持っていったのです。 なかなか高価な時計だったので、1〜2万円ぐらいで買い取ってもらえると期待しながら。

「たのもー!」 期待を胸に質屋に突入。なかなか大きなお店です。
「これをお願いしたい」 ゴトリと時計を置くと、愛想のいいおばちゃんは言ったね。
「これなら3千円になりますけど〜」

ぐはっ!たった、たった3千円ですと!?そんな値段で売ってたまるもんですか!
「I'll be back」とだけ告げると、 私は絶望を胸に別の質屋へ行きました。
「あー、これは1000円やね」 せ、せせせせ、千円!?さっきより減ってますがな!

ショックでしたが仕方がありません。 数日後、最初の店に時計を持っていきました。 カウンターの若いアルバイトの子に「この前3千円で買い取ってくれると言われた」と告げると 書類を書くように言われたのですが、美人アルバイターはなぜか変な顔をしています。

時計を持って奥に引っ込むと、奥から店長らしき人があわてて出てきました。
「あの、お客さん、、これ3千円って誰が言いました?」
誰ってアンタ、この前のおばちゃん、、いない。今日はいてへんやん。

「あの、おばさんに言われたんですけど。いや、今日はいてないですけどね」
「おかしいですね。店員はこれで、全員なんですけど」
「しかもこの時計、3千円って値はつけてないんですよ。千円が精一杯ですねぇ」

店員5〜6人全員がこっちを見つめてます。え、ちょ、何この雰囲気。
まるで私が嘘をついてるような感じに。っておばちゃんが存在してないって何やねん。 オバケ?オバケにだまされたんか?一瞬で色んなことが頭をよぎりました。

やばい、、あきらかに疑われている。店長が「ナメんな小僧」って顔してる!
悪いのはオバケやん。キレた私は、張り詰めた空気を引き裂く一言を叫びました。

「すいませんでした」

罪認めとるがな。 その夜は枕を濡らしました。それ以来、質屋には全く行ってません。 いえ、しっかり節約してるので行く必要がなくなった、というのが正解です。
質屋に行っても私のような出来事は普通起こりませんのでご安心下さい。

不要品は捨てずに売る。高く売る。これを忘れずに素敵なリサイクル生活を送りましょう。 意外とお宝が眠っているかもしれません。




別冊☆21世紀幸せ節約ネット生活
役に立たつかは微妙なオモシロ節約情報が読めるのは21世紀幸せ節約ネット生活だけ!